北海道生物図鑑
管理人が自然探索の際に出会った北海道の生き物の生態写真を図鑑的な写真集としてまとめております。

コサナエ
Trigomphus melampus

サナエトンボ科
分布
北海道・本州
体長 約40mm
環境省レッドリスト
北海道RDB
備考 日本固有種
撮影日
2007/7/16
撮影または採集地 由仁町

<特徴・生態>
平地〜低山地の湖沼や湿地に生息。
コサナエ属中最も小さいサナエトンボ。
北海道では普通種だが、本州西部では標高の高い特殊な地域に限定され個体数も少ない。

モイワサナエとの違いは、コサナエの方が胸部側面の黒色条が短く、前胸背部にL字型の斑紋がある。
モイワサナエは飛び方が弱々しく、素手で簡単に捕まえることができるが、本種は敏捷に飛翔する。

写真上の個体は雄。


♂側面
撮影日:2007/7/16
撮影場所:由仁町


♂頭部上面
前胸背部にL字型の斑紋があるのが特徴で、モイワサナエと区別できるポイントとなる。
撮影日:2010/6/30
撮影場所:苫小牧市


♀上面
撮影日:2010/6/30
撮影場所:苫小牧市


♀側面
撮影日:2010/6/30
撮影場所:苫小牧市


コサナエの交尾
撮影日:2010/6/30
撮影場所:苫小牧市

inserted by FC2 system